前向きに生きるための出稼ぎ!

福岡の風俗店での出稼ぎが私に生きる希望をくれました

女性画像

2ヶ月ほど前に夫と離婚しました。結婚したての頃は幸せな毎日が続くと思っていたのに、現実って厳しいですね。悲しみに打ちひしがれながら、でもとにかく生きるしかないと思って仕事探しを始めました。でもなかなか見つからなくて途方に暮れていたんです。そんなある日、街を歩いていると派手なラッピングトラックを見つけました。なんとなく眺めてみると「バニラ」「高収入」「求人情報」という文字が見えたんです。「お仕事を探せるサイトかな」と思って、帰宅後インターネットで調べてみました。するとバニラという風俗求人の検索サイトが見つかったんです。全国各地の風俗店の求人情報が集まっていて、どのお仕事も高額時給が頂ける旨が書いてありました。高収入が見込めそうな点は魅力的に感じましたね。ただ、風俗のお仕事だというところは不安でした。風俗求人に応募した経験は一度もないし「こんな私で務まるかな……」とも思いましたが、他のお仕事も見つからないので挑戦することを決意しました。その上でもう少し詳しく見てみると、サイト内に「出稼ぎ」という言葉を見つけたんです。詳しく調べてみたところ、風俗業界では遠くの店舗に泊まり込んで働く勤務形態があることを知りました。「どこか遠くの地域に行けば沈んだ気持ちが紛れるかもしれない」と思い、住まいから離れている福岡の風俗店で働くことにしたんです。面接は電話で行いました。何のとりえもない自分をアピールするのは大変でしたが、快く採用してもらったんです。やっとお仕事が見つかってホッとしましたね。数日後、荷造りをして新幹線で福岡へ。風俗求人に応募したのも初めてですし、出稼ぎという働き方も慣れておらず……何から何まで未経験という不安の残る状態で福岡まで向かいました。到着してからはお店の皆さんへ挨拶して、面談やパネル撮影などを行ってからお仕事開始、といった流れでした。「本当に風俗店で働くんだ」という実感が湧いてくると同時に、不安はさらに大きくなった気がします。勤務が始まり、いよいよお客さんへのサービス開始です。お相手するのは私よりひと回り年下の男性でした。ぎこちない動きを見せる私に、その方は優しく語りかけてくれたんです。「自分のペースで大丈夫ですよ」と。性行為のテクニックに全くの自信がない私でしたが、男性が優しくリードしてくれたおかげでご奉仕は無事に終わりました。お客さんにリードされるなんて情けない風俗嬢ですが、男性は帰り際に「自信を持って頑張ってください」とお言葉をかけてくださったんです。それで心が落ち着いたと共に「もっと頑張らなきゃ」と決意しました。離婚してから初めて生き生きした気分になれたのです。二日目、三日目と出稼ぎの日程が進む中、プレイの質を向上させるために精進しました。何人もの男性のお相手をするにつれ、喜ばれることも増えていきましたね。お仕事にやりがいを感じるようにもなったのです。出稼ぎが終了したとき、私はお給料を手にしつつ晴れやかな気持ちになっていました。高収入を頂けたこともそうですが、たくさんの男性に自分の価値を認めてもらえたことが何よりも嬉しかったのです。夫に捨てられこそしましたが、私はまだまだ頑張れると確信しました。福岡を去るとき思ったんです。「風俗嬢になりたい」と。出稼ぎが終わって数日が経った今、私は住まいの近くで高収入の風俗求人を探し続けています。